アートデジタルプリントの常識を超える新世紀の版画『レフグラフファイン』のサイトです

アートカフェ株式会社

         
  藤城清治
藤城清治
1924年東京生まれ。慶応義塾大学卒。日本を代表する世界的影絵作家・藤城清治。油絵を猪熊弦一郎、脇田和氏に師事、後に花森安治氏に認められ「暮らしの手帖」に影絵を連載。話題を呼び、テレビ放送開始とともにNHK専属となりテレビに影絵を次々と発表。また、キャラクター「ケロヨン」を創案し、一大旋風をおこす。「光と影の祈りの芸術」藤城清治ワールドを一挙掲載。
   
   
  矢口高雄
矢口高雄
週刊少年マガジン「釣りキチ三平」で日本中に釣りブームを巻き起こした漫画家矢口高雄の作品をレフグラフファイン化。
水木しげる
水木しげる
言わずと知れた妖怪画の第一人者。大人気の「ゲゲゲの鬼太郎シリーズ」をはじめ、愛すべき妖怪たちの世界をレフグラフファインで再現。
 
   
  関修一
関修一
世界名作劇場アニメのキャラデザインなどで活躍。主な代表作「ペリーヌ物語」や「トム・ソーヤーの冒険」などの作品をレフグラフファイン化。
小田部羊一
小田部羊一
「母をたずねて三千里」などをはじめ、多くのキャラクターデザインを手掛ける。老若男女を魅了する温もりあるタッチをレフグラフファインで再現。
 
   
  中島潔
中島潔
郷愁を誘う童画や儚げな女性画で人気の風の画家「中島潔」。その作品は、どこか懐かしく、またいつの時代も変わらない日本人の心の中にある「ふるさと」の心象風景であり、世代を超えて見る者をその世界観に引き付ける魅力を持っています。これまでにもNHK「みんなのうた」のイメージ画や、書籍等、海外でも高い評価・人気を誇っております。
   
   
  中島潔
世界名作劇場
テレビ放送で好評を博したアニメ作品「世界名作劇場」。世界各国の様々な児童文学を子ども達にわかりやすく、大人にも感動を与えるアニメーションとして、1975年から放送され続け、視聴者に多くの感動を与え親しまれてきました。家族愛や友情、自然との共生をテーマに制作された作品の数々。2010年放送35周年を記念して「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」「あらいぐまラスカル」「赤毛のアン」など放送当時のメインスタッフによる絵画をレフグラフファイン化。
   
   
  上村一夫
上村一夫
「同棲時代」をはじめ、激画など、情念の世界、妖艶な世界、叙情的な世界をしっとりと描いた上村一夫の作品がレフグラフファインで登場。
大津英敏
大津英敏
洋画界における人物画の第一人者としての地位と名声を揺るぎないものにした大津英敏氏の作品をレフグラフファインで再現。
 
   
  王子江
王子江
中国では、1990年「中国当代国画家辞典」に最年少で掲載され、その実力が認められます。日本では1996年「雄原大地」(千葉県茂原市立美術館)の制作で一躍脚光を浴びた王子江の作品をレフグラフファイン化。
スチュアート・マスコウィツ
スチュワート・マスコウィッツ
動物の世界を表情豊かに、ユーモラスでユニークに描く。マスコウィッツ独特の色彩をレフグラフファインで再現。
   
  玉神輝美
玉神輝美
アクアリストとして20年以上、その生物学的に正確な魚類のディテールは、写真では捕らえることのできない生物の活動を描き出している。
渡邊アキラ
渡邊アキラ
カー雑誌「Car & Driver」の表紙でもお馴染みのイラストレーター、デザイナー。表紙に使用されたイラストがレフグラフファインで登場。
 
   
  鶴田一郎
鶴田一郎
「ノエビア」で一躍脚光を浴びた美人画は多くのファンを持つ。待望の新作「源氏シリーズ」がいよいよレフグラフファインで登場。
小島剛夕
小島剛夕
殺陣の凄み、衣の動き、女人の色香、童のあどけなさの表現は秀逸。大ヒットとなった「子連れ狼」などの作品をレフグラフファインで再現。
 
   
  鳥居洋治
鳥居洋治
天空と大海が織りなす一瞬の光の芸術をレフグラフファインで再現。